『自分で作れるのか?』  酵素のある食卓日記2012年11月から12月

『ぬか漬けに挑戦』

 うちではお米は玄米を買ってきてそれを毎回精米して食べているんですけど・・・
糠がどんどん溜まっていきます。


1112.030.JPG 1112.034.JPG 


 フライパンで煎ってそれをパン生地に入れたり、
クッキー生地に入れたりしてはみるものの、なかなか減りません。


 捨てたらいいんじゃないかって思うんですけど、
体にいいモノだって聞いてしまったら何だか捨てるのも忍びなくて。


 精米するたびチャックつき袋に入れて摂りあえず冷凍庫に。
でも袋ばかりが膨らんでいってしまってチョッと邪魔になってきました。


 ここは一度にたくさんぬかを必要とする『ぬか漬け』で、一気に消化してみようと。


 前にも1度やったことがあるんですけど、
慣れた頃に旅行に行ったり、チョッと家を空ける用事が続いたりしている間にカビを生やしてしまって。
 それ以来なので5年以上ぶり。


 失敗しないかドキドキですけど、うまくいったら食卓に一品が確実に増えるので
長い目で見たら助かるかも。


 それにぬか漬けは立派な『発酵食品』
発酵食品には酵素もバッチリ!だから、お金がかからない方法で酵素を取り入れてみたい。
 そんな期待を持ちつつ、ぬか床作りをしてみました。


1120.007.JPG




 材料は・・・


 ぬか、塩、昆布、唐辛子。


 塩はお湯で溶かしておいて冷ましておきます。


 容器にぬかを入れて、塩水を入れてよーく混ぜます。


1120.008.JPG 1120.009.JPG


 最初に水分を入れすぎてしまうとベチャベチャになってしまうので、
少し様子をみながらやると良いって本に書いてあったので、教科書どおりにチョッとずつ、
全体がしっとりするまで水分を加えながら混ぜて行きます。


1120.011.JPG 1120.012.JPG


 よく混ざったら唐辛子と昆布を入れて、そこに『捨て漬け』用の野菜を入れます。
白菜の外の硬いところとかキャベツの一番外側の葉っぱとか何でもいいらしいんですけど、
こういう日に限ってそういうものがなく・・・仕方ないのでキャベツを二枚ほどめくって入れてみました。


1120.013.JPG


 冷凍庫に入れておくには多すぎる糠も、
漬け床にするにはチョッと足りなかったみたいで、
うまいこと入れてやらないと野菜が顔を出してしまいます・・・


 それでも無理やり押し込んで、蓋をして台所の隅に。


 夏じゃないので冷蔵庫じゃなくても大丈夫そう。


 長続きして夏場は冷蔵庫に入れられるような入れ物を用意してみたんですけど。
来夏まで元気にいてくれるかな(笑)


 暫くは捨て漬けを繰り返して、糠がなじんできたら実際に食べれるものが漬かっていくらしいので、
まずはそこにたどり着けるよう、毎日『ぬか』のご機嫌を見ていきたいと思います。


次の記事>>>


『初ぬか漬け!』


需要