『何にいいのか?』『どんな風に効くのか?』

健康にいいのか?

 今流行の『酵素』『発酵食品』という名前の響きは
いかにも体のあちこちに効いてくれそうです。


 『発酵食品』を作るためには『酵素』がしっかり働いていないといけないそうです。
酵素の働きなしでは作れない発酵食品、いろいろな種類の食品があります。


ぜんだまきん2.jpg


 私達日本人は昔から発酵食品を多く食べて生きてきています。
それぞれの発酵食品には「菌」が含まれます。


 『菌』というとちょっとイメージが悪い感じもしますけど、
発酵食品に含まれている菌は『良い菌』で、
酵母菌・ビフィズス菌・乳酸菌のような『善玉菌』です。


身近なところに発酵食品がいっぱい!


 チーズやヨーグルトにも含まれています。
ヨーグルトが便秘にいいといわれるのはヨーグルトが持つ乳酸菌が腸にいいとされているから。
 便秘気味の人はその効果を狙って積極的に摂り入れるとよさそうですね。


 料理に使う調味料も発酵食品であるもの多いですよね。
醤油、味噌、みりんなど、料理に必要なものばかり。
 

 実は昔からしっかり発酵食品を摂取していたという事になります。
もしかしたらその恩恵で日本の長寿は成り立っているのかもしれません。


 その他にも納豆や漬物、塩辛キムチなども発酵食品です。
ご飯のお供になりそうなものが多いので、積極的に摂取できます。
 ※楽天のショップページに飛べます


『和食』を見直すときが来た!?


 欧米化に傾き過ぎた食卓を『日本式』にもう一度見直してみた方がよさそうです。


しょくたく.jpg


 しっかりご飯を食べながら、発酵食品で酵素もしっかり摂れれば消化も促進されるので、
いらないものが体内にへばりついてしまう心配も減りそうです。


 体内の残されたいらないものは『悪玉菌』のすみかになってしまうらしいですよ。
悪玉菌のすみかには悪いものしか溜まらないのでいいことなしです。
 へばりつくものが多ければ便秘になり、ガスも臭くなり顔にもブツブツが・・・


 一昔前の食卓なら野菜中心で、肉や魚はたまのご馳走って感じでした。


 今それだとちょっとボリュームにかける気がしちゃいますけど、
昔の食卓だとカロリーオーバーになることも、消化不良を起こすこともなさそうです。


 食べた分がきちんと出せる生活。コレが長生きの秘訣ともいえるのかもしれません。


好きな人には朗報?


 ちなみにアルコールも発酵食品です。お米などから醗酵させて作られています。


にほんしゅ.jpg


 『酒は百薬の長』なんていったりしますよね。
お酒も適度ならば体にいいと言われるのはこのためです。


 適度にっていうのがとても大切なんですけど。


 中でも日本酒は人間のからだに必要な栄養素の1つといわれるアミノ酸を多く含んでいます。


 食中に飲酒することで、胃壁が厚く丈夫になるとかならないとか。
くれぐれも『適量』を超えることのないように楽しんでください。



焼酎も、ワインも!


 焼酎にもウロキナーゼという酵素が。
これを含んだ香りを5分嗅ぐだけで血液がサラサラになるという実験結果が出ているんだそうです。


 ワインは、ポリフェノールが豊富といわれるぶどうを発酵させて作られますが、
アルコールになる過程で、新たなポリフェノールが作られているんだそうです。
 ※楽天のショップページに飛べます


 体への吸収率が高まるので、同じぶどうから出来ていても
ぶどうジュースよりワインの方がずっと効果的なんだそうですよ。


 酵素の働きとはいえないかもしれないけれど、好きなものを楽しめるっていうのは最高のストレス解消法ですよね?
楽しく食べて飲んでってしたら体中が活性化されそうです。


飲めない人にも!!


 同じ飲み物でもアルコール類だけが発酵食品ではなんですよ。
普段何気なく飲んでいる『お茶』も立派な発酵食品


 生茶葉の中に存在する酸化酵素(ポリフェノールオキシダーゼ)をどの程度働かせるかによって、
異なったお茶になるんだそうです。


こうちゃ.jpg


 『緑茶』は酸化酵素を働かせることなく製造するお茶で、
『紅茶』は酸化酵素を充分に働かせて製造するお茶。


 『烏龍茶』は酸化酵素の働きを途中で止めて製造するお茶なんだそうです。


 お茶の中には酵母菌などの菌の作用で作られるお茶(後発酵茶)もあります。


『プーアール茶』『碁石茶』等も最近よく聞きますが、これらも立派な発酵食品。
酵素を含んだ飲み物です。
 ※楽天のショップページに飛べます


案外知らないうちに摂れている!?


 普段何気なく食べたり飲んだりするモノにも結構酵素が含まれているということですね。
そこにプラスして『食物酵素』を意識して食材を選んで食べたら・・・
『酵素飲料』っているのかな??って感じがしないでもない。


ぱそこん.jpg


 市販されている商品の中で、よく聞く名前の酵素のHPを調べてみてみると・・・


 『その酵素食品には発酵段階でできる乳酸、酢酸、
アミノ酸やたんぱく質などが含まれていて、毎日つづけて摂取することで、
腸内環境のバランスが健康的に維持出来る。
 栄養素の消化・吸収がスムーズなり、健やかな毎日へとつながる』
と書かれていました。


 もう一社では、


 『健康食品として取り入れれば、それ自体が栄養源であるばかりでなく、
その栄養をスムーズにエネルギーにかえて健康維持に役立ちます』
とHPに載せていました。


 『飲むと何処にいい』とか『何かの症状が改善する』っていうものではないので
劇的変化は望めませんが(サプリメントなどと同じ健康食品だということです。健康食品なので薬効は謳えません)
飲み続けていたら腸内環境を整えたりする体質改善のような効果はあるかもしれません。


 「健康にいいらしい」と聞けば、目に見えた効果を期待しがちですけど、
そういったもんじゃないことを理解した上で試してみるのはいいと思います。


摂りすぎても役に立たない『糖分』


だめ.jpg


 ただし製造工程で相当量の糖分が使用されているので、
カロリーだけじゃなくてそちらにも注意が必要です。


 糖分の摂りすぎは体にとってよくないですからね。


 腸内環境を整えるのに、そんなに砂糖は必要ないのでは?と思いますし。
そこで摂っちゃう分をどこかで減らしておいたほうがいいかもしれません。
 

 1日にとっていい糖分は50g。コレが限度。
健康っていう面から考えると、限度を超えないように気をつけないといけません。




<<<前の記事『美容にいいのか?』



需要