『酵素とは?』

酵素の種類

 酵素とは、
動物や植物といったあらゆる生命体が生きていくのに欠かせない栄養素のひとつ。


 老廃物を排出する、腸内環境を整える、
老化の原因となる活性酸素を排除するなどの大切な働きをしています。


 酵素は『食物酵素』『潜在酵素』の2つに分けられ、潜在酵素は体内にあります。


 『潜在酵素』はさらに『消化』酵素と『代謝』酵素の2つに振り分けられます。


食べ物に含まれる『食物酵素について』


 『食物酵素』食品に含まれる酵素のこと。


 食物酵素の多い食事をすると食物酵素が食品の消化を助けるので、
人体自身の消化酵素の分泌が少なくて済みます。


 つまりは潜在酵素の消費を抑えることが出来るということ。


 二つの酵素は互いにかかわり合っているんです。


『洗剤』にも『酵素』が入っている。


sennzai.jpg


 潜在(せんざい)がらみで余談ですが
「酵素パワーの〇ップ」ってCMで有名なアノ洗剤には、
落としにくい食品由来の汚れに含まれる
"でんぷん"を強力に分解する酵素『ステインザイム』が配合されているとか。


 食べ物や生き物の体に存在しているだけじゃなく、
日常生活の中でもしっかり働いている酵素。凄くないですか??


食べたものを消化してくれる『消化酵素』


 さて本題に。
『潜在酵素』のうちの『消化酵素』について。


 『消化酵素』とは読んで字のごとく消化に使われる酵素の事。
分解される栄養素の違いによって『炭水化物分解酵素』『タンパク質分解酵素』『脂肪分解酵素』
分けられます。


jinntai.jpg


 『炭水化物分解酵素』は唾液、膵液、腸液に
『タンパク質分解酵素』は胃液、膵液、腸液に。


 『脂肪分解酵素』は胃液、膵液に含まれていて、
食べたものの消化吸収の為に働いてくれています。


 この消化酵素、生物が食物を分解するためだけではなく、
他にも『食品加工』『胃腸薬』『洗剤』等にも使用されているんだそうです。


 家にあったビオフェルミン健胃消化薬錠には、
リパーゼAP6など消化をたすける3種の消化酵素が配合されてるって書いてありました。


 気にしてないと分からないもんですね。


 海外ではサプリメントとして一般的に利用されているそうです。


全身機能を作り出す『代謝酵素』


 『代謝酵素』とは全身の機能を作り出す酵素とも言われています。
ロや腸で消化吸収された栄養を、細胞内で常にベストの状態でバランスを維持するという
働きをもつ酵素なんだそうです。


 例えば血液を作ったり、心臓を動かしたり、体を動かすエネルギー源となったり。
皮膚や筋肉、骨などを作ったりもします。


kinniku.jpg


 ホルモンや神経伝達物質が働くしくみを作ったり、
免疫(体にとって異物であるウイルスやガンに抵抗する力)システムを強化したり、
さらに損傷部の修復をしたり、解毒・排泄などをスムーズにおこなうなど、
すべての生命活動に関与して働いているのが代謝酵素です。


 新陳代謝が促進されたり、自然治癒力の増強、有害物質の除去、
免疫力の向上、血液の浄化、脂肪の分解など、
代謝酵素がしっかり働いてくれるおかげで健康でいられるって知ってました??


 人間の体にはそれぞれ働きの違う二つの酵素が存在していて、
それらの働きのおかげで何とか健康でいられる。
 目で見えるものじゃないですけど、感謝して大事にしないといけませんね。


『発酵食品』は最強!?


 『食物酵素』とは潜在酵素は体内にあるものであるというのに対して、体の外から取り入れるもの。
加熱されてない生の食べ物や発酵食品に存在し、消化を助ける働きをします。


 食べ物から食物酵素を取り入れれば入れるほど、消化の状態がよくなり、
潜在酵素を長持ちさせることができます。


sarada2.jpg


 日ごろから生の野菜や発酵食品を積極的に食べることが必要なんですね。


 ご飯を食べるときに『生野菜』や『発酵食品』から食べ始めると
いいって聞いたことないですか?



 加熱された食品と、加熱されてない生の食べ物や発酵食品など、
食物酵素の含まれた食べ物を一緒に食べると、消化が助けられるんだそうです。
 

 消化が助けられるという事は、体内の消化酵素の無駄遣いを減らせるということ。
体の中でも節約ですね。


日本食には『発酵食品』がいっぱい。

 
 特に発酵食品は発酵の期間が長いものほど酵素のはたらきが強く
からだにもしっかりと働いてくれるんだそうです。


 そういえば日本にも『発酵食品』多くありますよね。


 納豆、漬物、味噌、しょう油、酢、酒など。
日本食っていうのは日本人にあった酵素の働きを良くしてくれる食事なんじゃないかと思いませんか?


wateisyoku.jpg


 『日本食』っていうのは『洋食』に比べたら調理に使う油が少なかったり、
肉よりも魚中心だったりと『低カロリー』なものが多く、ヘルシーです。


 健康を気にする面からも日本食っていうのはかなりオススメだと思います。




 食物酵素が多いと言われる生の食品だけでなく、納豆や味噌、キムチなどの発酵食品も上手に食事にとりいれると
メニューに困ることなく、毎日食物酵素を体に取り入れることが出来そうです。

 
 それから『白い砂糖』や『白米』などの『精製された食品』ばかりでなく、
『黒砂糖』『玄米』などの未精製の食品を食べることも体にとってはいいことなんだそうです。
 ※楽天のショップページに飛べます


食事は『よく噛んで食べましょう』


 関係ないようで実は関係あったりするんですけど、
よく聞く『食べるときはよく噛んで』


kamu.jpg


 これもよく噛んだら腸内で消化しやすいから?っていう意味だと思っていたんですけど、
調べてみたら噛むことによって消化酵素の分泌が促進され、
しかもよく噛み砕いたものだと消化酵素を無駄にたくさん使わずに消化できるらしいんです。


 口と腸で絶妙な連係プレーが出来るもんなんですね。




<<<前の記事『何に含まれているのか?』


次の記事>>>『酵素の主な働き』


需要